事例集

コープタウン初雁

公団グループ分譲住宅制度のタイプ・。4ブロックに敷地を分割し、各々に1グループの計4グループを募集した。グループ結成に時間を要し、計画を2期に分割して実施。埼玉県下初のコープタウン。

コーポラティブ方式に対する理解度の低いことと、規模が大きかったためグループの結成が進展せず、計画達成が危ぶまれた。しかし、コーディネーター、事務所の頑張りでコープタウンがが完成。


計画内容の特徴

タウンハウスによるコープタウン(グループ数4)。

住戸位置の決定方法

抽選。

計画プロセスの特徴

グループの結成に時間を要し、1グループ未完の状態で工事着手。残された1グループは4ヶ月遅れで完成。

参加者の募集方法

一部の新日鐵の社員以外は、チラシ、パンフレット等による一般公募。
所在地 埼玉県川崎市大字鯨井字上郷
総戸数 71戸
竣工年月 昭和59年12月
募集から入居までの期間 2年0ヶ月
敷地面積 12,854.21m²
事業主体 住宅・都市整備公団関東支社
戸あたり平均費用 2,578.1万円
事例集

プロジェクト紹介

Copyright Japan Cooperative Housing Association All Rights Reserved.