事例集

コープタウン松が谷

東京都住宅供給公社が初めて手がけたコープ住宅で、我が国のコープ住宅としては最大の規模。 公団のタイプ・に相当する手法で実施された。 “マイタウン東京構想”の重点施策の1つである。

“マイタウン東京構想”の一環として、東京都住宅供給公社が主体となり、コープ住宅推進協議会メンバーやユーザーが実現に向け一丸となって進めていったこと。


計画内容の特徴

多目的共用室を各棟2カ所ずつ、計14カ所設けている。全体の基本設計(配置等)が提示された。住戸内については、14タイプの標準設計があり、そのままのプランでもかまわない。

住戸位置の決定方法

参加者は、棟とその中の住戸タイプは決められており、住戸タイプが同じ者の間で話し合い、抽選等で住戸位置の決定。 土地費で住戸の評価差を出している。

計画プロセスの特徴

配置計画や構造、水回りの固定部分等は企画者側で提案し、ユーザの承認を得てから事を進めていった。間取り、仕上げについてはユーザの自由である。共有部分もユーザーの意見が尊重されている。

参加者の募集方法

都公社による一般公募。
所在地 東京都八王子市松が谷
総戸数 142戸
竣工年月 昭和59年3月
募集から入居までの期間 2年0ヶ月
敷地面積 18,732m²
事業主体 東京都住宅供給公社
コーディネーター コープ住宅推進協議会
戸あたり平均費用 3,380万円
事例集

プロジェクト紹介

Copyright Japan Cooperative Housing Association All Rights Reserved.