事例集

都住創徳井町

2年2ヶ月という長い時間を費やしたプロジェクト。

時間と予算の枠の中で、よりいいものを追求する組合員と各関係者の気概の結集。


計画内容の特徴

ソーラーシステムによる給油方式を採用。

計画プロセスの特徴

2度の土地入手の失敗の後、徳井町でプロジェクト成立。 全組合員が確定したのは土地の売買契約から3ヶ月後という苦しいスタート。

参加者の募集方法

未入居都住創会員に対してはがきで案内(2~3回)し、希望を募った。
所在地 大阪市東区徳井町1-38
総戸数 13戸
竣工年月 昭和57年12月
募集から入居までの期間 2年2ヶ月
事業主体 都住創徳井町プロジェクト建設組合
事例集

プロジェクト紹介

Copyright Japan Cooperative Housing Association All Rights Reserved.